kzhr's diary

ad ponendum

文献系研究者にはとくにおすすめな日本語のDH系サマースクール

講師に知っているひとがいるだけでとくだんイベントとは関係がありませんが、とくに文献系研究者は騙されたと思って受けても損はないと思います。ぜひぜひ。

connectivity.aa-ken.jp

本が出ます(4)

kzhr.hatenadiary.jp
kzhr.hatenadiary.jp
kzhr.hatenadiary.jp
の続きです。

この本では、イントロダクションを長めに書きました。たんに先行研究を述べただけではなく、日本語学者や言語学者が明治時代の文字・表記を知るうえで、どういうことを知っておいてほしいかということを考えたものです。それがどれだけ実現できたかは分りませんが、自身の研究を日本語や世界の文字・表記史のなかでどう位置づけるか見直すいい機会にもなったと思っていますし、専門書を市販する意義もそのような学界のレベル引き上げにあるのではないでしょうか。その点、日本語学界の専門書刊行スタイルは、自著を理解されることを拒むようなものも多く、なににお金を払わせているのか不明なものが多かったのではないかと思います。それをストイックさとかつては呼んでいたことは知らないでもないのですが(https://bibdb.ninjal.ac.jp/SJL/view.php?h_id=1480750810の書評対象など)。多分野の専門家に宛てた内容の弱さは、学界の趨勢にも影響のあることと思うので、論文ではなく本の形にするならば、自身の研究へ一直線といったようなことは止めてほしいと思っています。

オンラインで見られる平家物語諸本

非の打ち所のない諸本系統論をしようとしているわけではないので、系統関係は要を外さない限りで簡略になるよう努めます*1。まあ、そもそもわたしの興味は天草版平家を中心としているので、古態論などはあまり大きな課題ではないのです。なお、立命館大学ARCから覚一本龍大本以外にも、京都府立総合資料館本(まあ、いまは京都学・歴彩館ですが)が何点か存在することは確認できましたが、請求番号すら分らない始末だったので、ここには記していません。八坂本二類系、百二十句本、葉子十行本、屋代本巻2などがあるはずです。

影印版の集成は平家物語の諸本 テキスト一覧 荒山慶一 2001年4月にまとめられたものが便利そうです。

*1:具体的には、系統の立て方として諸本論とのつきあい方を参考にしました。諸本の分類には、大津ほか編『平家物語大事典』を参照しています。

続きを読む

天草平家と天草伊曾保の画像・翻刻対照HTMLを作る

突然謎の感情をあらわにすると、日本語史の講読で、講読資料の翻刻を作ったり、翻字したりするのも学習のうちだろうと頭のなかで煩悶が駆け巡るが、それは自分が興味を持ってぶち当たってからでいいというのが昨今らしく、まだ30代半ばなのに隔世の感を覚える。それはさておき、そのような時代背景もあり、天草平家と天草伊曾保については、国語研がありがたくも画像と翻刻を公開してくれているので、標記のものを作ろうと思い至った。(なお、本記事で用語解説は基本的にしない。)

続きを読む

<oXygen/>でjTEIからPDF変換するときに日本語がうまく扱えない件

XMLから印刷するばあいもえらく文字化けするが、画面フォントを日本語フォントに切り替える。

ANTを使った変換のばあい、

  • /Application/Oxygen XML Editor/frameworks/tei/xml/tei/jtei_aux/trans/pdf/fonts/ に必要な日本語フォントを突っ込み(IPAフォントがTTFで無難? OTFは試していない)、/Application/Oxygen XML Editor/frameworks/tei/xml/tei/jtei_aux/trans/pdf/fonts.conf.xml にほかのものを見ながらフォントファイルを指定(italicを忘れると、`<foreign>`内などに書けない)、
  • /Application/Oxygen XML Editor/frameworks/tei/xml/tei/stylesheet/profile/ 以下に必要なXSLスタイルシートがあるので、日本語が出てきそうな箇所すべてに当該フォントの指定を増やす。いちばん最後に書いておくかぎり、ぜんぶに入れても支障はないが、`global.flow.properties`, `heading.body.properties`, `heading.lowerblock.properties`, `monospace.properties`あたりに入れておけばなんとかなる。

ポリコレやキャンセルカルチャーといわれない・いわせないための覚え書き

タイトルに尽きる。

キャンセルカルチャーと呼ばれるべきではない、不適切な振る舞いに対する責任を問うたのみであるという意見をさいきん目睹した。しかし、責任の問い方が抹殺一方であれば、キャンセルカルチャーと呼ばれるのもやむを得ないのではないかと思う。問われるべき責任とその果たし方についての合意形成がおざなりであるかぎり。

むずかしいかぎりではあるが、たとえば、ある研究者の学術以外に関する振る舞いに目を覆いがたい不実があるとして、そのものの地位を剥奪するのは、自浄作用のひとつであろうが、そのものがそのものによってなした重要な研究を引用しないことを正当化はしない(どう書くかはむずかしい。どんなばあいであっても、自身のアイディアではないということはかならず明記されねばならない)。学術的不実によって地位が剥奪されたものですら、引用を免除されるのは、虚偽の学術的成果に限られよう。他人の成果の詐取であれば、そのことをクレジットせねばならぬはずであるからである(そのいみで、やはり、引用文献リストによる評価は本質的に不当である)。その点で、存在を抹消してお仕舞いにしてしまえるのは、キャンセルカルチャーのそしりを免れえないものと思料する。

ポリコレについても同趣の感があり、ポリコレ的表現などというのは、追求されないための逃げを打つことであるから、そもそも配慮が行き届いていればそんな小手先の技は不要であるというのはつねづね思うところである。しかし、たとえばレジ袋の盲目的有料化のようなことが提起されることがないわけでもなく、そういうところに、ポリコレという揶揄が生き延びる隙を与えてしまう。ほとんどが言いがかりであることに違いはないのだが、しかしそれは、適正な配慮をつねに批判的に求めねばならぬこととは矛盾しない。

なお、これは非当事者の対応をどうするかという議論であるのは附言されねばならない。

本が出ます(3)

以下の記事の続きです。
kzhr.hatenadiary.jp

まず、刊行を予告していたものが発刊されました(『年報新人文学』については、執筆時点ではウェブに反映されていませんが、いずれここから見られるはずです)。
bensei.jp
human.hgu.jp

今回は、フォントについてすこし。

近代平仮名体系の成立 岡田 一祐(著) - 文学通信 | 版元ドットコムでは、(いわゆる)変体仮名が大量に使用されることになるわけですが、本書で書かれたもっとも古い箇所に当たる2010年ごろの原稿では、とうぜん、変体仮名は流通するPC上で変体仮名として情報交換が可能な状態にはありませんでした。情報交換が可能というのは、アルファベットのAという文字が——一定の枠組み=文字コードのもとに——Aという文字として扱われることが保障されていることですが、変体仮名は、そのような保障がないので、いわゆる外字としてしか存在してこなかったわけです*1。外字はコンピュータ単位のものなので、IMEで変換というのもとうぜんユーザ辞書レベルでしかできません*2

ところが、2015年に日本代表からUnicode(現在流通する文字コードでもっとも普通のもの)に変体仮名の登録が申請され、審議の末に2017年に収録されると、変体仮名がPC上で使える枠組みが誕生するわけです*3。また、それに先んじて、フォントが開発され、IPAmj明朝フォント | 一般社団法人 文字情報技術促進協議会に組み込まれることとなりました。しかし、登録にさいして、変体仮名を符号化するうえでのカバー力は、今後の検討を待つこととされました。そのひとつが、学術情報交換用変体仮名 | 国立国語研究所の全部の収録の見送りです。Unicodeへの変体仮名の登録をめぐっては、学術文献での変体仮名と、戸籍などに代表される行政用の変体仮名を組み合わせて登録がされ、行政用の変体仮名はすべてが収録されましたが、学術文献のものは、区別の必要性を国際的に理解される保証がないなどのことで一字母一字体が原則とされ(高田智和氏、私信)、収録が見送られたとのことです。その当否についてここで云々はしませんが、その結果として、このような変体仮名を真正面に据えて論じる本には文字として足りないものが出てきているのは否定しがたいことです。そのようなものは、画像や外字を用いる必要がまだまだありますし、本書でも最終的には一部がそうなっています*4

さて、本書でもちいた変体仮名フォントは、IPAmj明朝と外字にくわえて、東京築地活版製造所が明治19年ごろから用いている六号明朝から個人的に作成した仮名活字フォントがあります。これは、2005年くらいからちまちまと作り続けているもので、2017年の拙論でも使っています。変体仮名のセットとしては、デザインがもっとも整ったもののひとつです*5。2006年に一度平仮名部分は完成させましたが、クォリティがいまいちだったので、2017年の拙論が出るのにあわせて2016年ごろにいちどリファインし、このたびふたたびリファインメントを施したものを使っています。時間的余裕などの問題で、リファインメントの濃淡が出てしまったのは、悔いもありつつやむを得ないことかなと思います。増刷する日が来れば、また完成させたいものですが。

変体仮名フォントではありませんが、本書ジャケットの題名部分に用いられた「の」「と」も、やはり私製フォントです。こちらは、なんでしょうか、というところで、本日はここまで。

*1:機種依存文字というのとはちょっと違っていて、こちらは、さまざまな要因で枠組みの一貫性に問題があったりしたところから来ているもので、ある機種という枠組みにおいては、問題なく使えるが、ほかの機種では結果が保障されない(文字が変わってしまうかもしれない)という意味です。変体仮名は、TRONとかいうものの一部以外は、機種レベルでも保障がありませんでした。

*2:入力がいまなら問題ないかというと、そんなことはないのですが。

*3:そのあたりのことは、出版物/『漢情研』第17号 - JAETにもうすこしくわしく書いてあります。なお、注2の山田俊雄は、都竹通年雄の誤りです。

*4:正確には、組版上の都合から、現代の平仮名に無理矢理当てはめたフォントとなっており、フォントが切り替わるとその箇所には「字体化け」が発生することになります。電子出版に際しては、画像化の手当が必要です。

*5:もうひとつは、同製造所の明治30年ごろから用いている(と思う)四号活字ですが、こちらは手を付けていません。